水出しアイスコーヒーとは?作り方、メリット、デメリット

コーヒーのあれこれ




梅雨も明けそうなのかな?で本格的な夏が始まりそうですね。こんな時はアイスコーヒーを飲みたいですよね?

今回は一般的な水出しアイスコーヒー美味しい作り方、メリット、デメリット、水出しアイスコーヒーと普通のアイスコーヒーの違いなどを書いていきます。

 

水出しアイスコーヒーとは?作り方、メリット、デメリット

●水出しアイスコーヒーを飲んだことがない人
●水出しアイスコーヒーの美味しい作り方を知りたい人
●美味しい水出しアイスコーヒーを通販で探している人

水出しアイスコーヒーは口当たりがまろやか

アイスコーヒーには2通りあります。

水出しアイスコーヒーと急冷式アイスコーヒーになります。

水出しアイスコーヒーは火を使わず、長時間かけて抽出する方法で

急冷式のアイスコーヒーはコンビニコーヒーのようにお湯でコーヒーをドリップし、グラスなどに氷を入れ、急冷される方法です。

水出しは急冷式とは違い角が取れてまろやかな飲みやすいコーヒーです。

 

水出しアイスコーヒーメリット

●火を使わないから暑くない。

●毎回器具を用意したり片付けなくていい。

●誰でも簡単に手間なく作ることができる。

●まろやかな口当たりでスッキリ飲める。

以上のことから日常的に飲むなら水出しアイスコーヒーが最適かもです。

 

水出しアイスコーヒーデメリット

●抽出時間がかかる。

●時間が長すぎるとエグ味が出てくる。

●細かい粉が沈殿してしまう。

 

水出しアイスコーヒーの美味しい作り方、抽出時間

あくまで僕が販売している水出しアイスコーヒーの作り方ですが、他店のものもさほど大きくは変わりません。

①このようなポットに水を500mℓ入れる。目盛りがあると簡単です。

②コーヒーパック1袋35gをドボンする。単純に水1ℓならばコーヒーパックは2袋です。

③常温ならば6時間〜8時間。冷蔵庫で冷やすなら10時間〜12時間。

④抽出後コーヒーパックを取り出し、そのままゴミへ。

僕のおすすめは冷蔵庫で冷やして11時間です。雑味が出にくく飲みやすいです。

 

水出しアイスコーヒー別の作り方

HARIO(ハリオ)水出し珈琲(コーヒー)ポット ショコラブラウン 1,000ml/8杯用 MCPN-14CBR【アイスコーヒー/ボトル】
メーカー画像

水出しアイスコーヒーと言えばハリオのこのポット。

メーカーの説明

「珈琲粉と水だけでアイス珈琲が作れます。粉全体が湿るように少量ずつ水を注ぎ、「の」の字を描くようにドリップします。水を注ぎ終えたら、冷蔵庫で8時間程抽出してできあがり。ストレーナーの底が外れて洗いやすい仕様です。」

パックを入れて抽出ではなく、ストレーナーにコーヒーも粉を直接入れます。パックよりも味が出やすいので美味しく感じますがゴミとして捨てるのが結構大変です。パックならパッと捨てることができます。

ちなみにこのようなポットで水出しコーヒーを作る場合はアイスコーヒー用の豆、粉を購入してください。

アイスコーヒー用と基本的に深煎りです。水出しコーヒーでも味が出やすいし、飲み慣れた味です。

僕個人的にはもっと浅く煎った豆で飲むのが好きですが、氷を入れて飲むことを想定して濃いめ深めに作っているメーカーやお店が多いです。

珈琲粉を入れるストレーナーが取り外し可能なので、コーヒーパックでドボンでも、ストレーナーに粉を入れて抽出することもできるので、このポットさえあればいろいろな水出し珈琲を楽しめます。

ハリオ 水出し珈琲ポット 1000ml MCPN-14CBR

created by Rinker

 

他店の気になる水出しアイスコーヒー

プシプシーナ珈琲

水だしコーヒー

カンタン水出しコーヒーパック。
麦茶をつくるような感覚で、コクがあって、さわやかなおいしい水出しコーヒーをご家庭でお手軽にお楽しみいただけます!

 

ロクメイコーヒー

‘水出しアイスコーヒー’

自家焙煎したスペシャルティコーヒーだけを使用。
冷たいアイスコーヒーでもおいしさが際立つよう、スッキリとした甘さが広がる
香り豊かなスペシャルティコーヒーをブレンドしました。

どれも美味しそうですね。

僕もコーヒー屋ですが、他店をすすめるなんてバカだと思いました?

いいんです。僕はかなり後発的な珈琲屋ですし、同じ土俵で戦う気なんてないです。第一珈琲屋さんなんて星の数ほどありますから、1位は目指していません。

僕が目指しているのは新たなコーヒーのニーズを掘り起こすことです。それがハーブコーヒーだったり今後発売されていくコーヒーで感じていただけると思います。

あ、ちなみにこれが僕のNECOME COFFEEの水出しアイスコーヒーです。

まとめ

水出しコーヒーの魅力は伝わりましたでしょうか?

長時間抽出はデメリットかもしれませんが、寝る前や仕事に行く前などに作ればうまく時間の調節はできるはずです。

夏はなるべく火は使いたくないですし、器具も片付けなくていいから楽です。

それではまた、安心安全カビ毒なしコーヒー通販、猫目暮らし/NECOME COFFEE(ネコメコーヒー)でした。

お時間がありましたらネコメコーヒーの詳細をご覧ください。

NECOME COFFEホームページ

楽天でのコーヒー通販

BASEでのコーヒー通販