立ち仕事や通勤が楽になるスニーカーHOKA ONE ONE

ファッション・身だしなみ




今回は勝手に足が出て歩きやすいスニーカー、HAKA ONE ONE(ホカオネオネ)

のCLIFTON 7(クリフトン7)を紹介いたします。

HAKA ONE ONE(ホカオネオネ)は2009年ランニングシューズブランドしてフランスで生まれました。なので歩きやすいのは当然です。

CLIFTON 7(クリフトン7)の本当の魅力は日常のどんなシーンでもかっこいいということです。

フルマラソンから立ち仕事や通勤も休日のお出かけもこれ1足でOKです。

そんなCLIFTON 7(クリフトン7)の魅力を深堀りしていきます。

ただ僕はランナーではないのであくまでファッション感覚でお話ししますのでご了承ください。

 

立ち仕事や通勤が楽になるスニーカー、HOKA ONE ONE

この記事はこんな方にオススメです
●立ち仕事をされて足が辛い方
●スラックスに合うスニーカーを探している方
●軽いランニングシューズを探している方

 

⇩YouTubeも最近はじめてみました。合わせてご覧ください。

CLIFTON 7(クリフトン 7)はどの服装にも合うのか検証しました。

ランナーの場合

僕はランナーではありません。ランナーのイメージで撮りました。

筆者撮影
筆者撮影

ワイドテーパードパンツの場合

筆者撮影

筆者撮影

ワイドストレートデニム

筆者撮影

筆者撮影

細めのパンツ

筆者撮影

筆者撮影

 

スラックス

筆者撮影
筆者撮影

どのシーンもいい感じ

どうでしたか?どれもいい感じですよね?なのでどのシーンも使えちゃうわけです。

ただ、営業職やお堅い仕事をされている方は厳しいかもしれませんが通勤用としてはいかがでしょうか?事務所で履き替えればいいですもんね。

そんなどのシーンでも合うクリフトン7ですが、もう少し詳しく特徴を説明していきます。

 

CLIFTON 7(クリフトン 7)の魅力

アッパー部分

CLIFTON 7

アッパーはメッシュ素材が優れた通気性と快適性を与えてくれます。タンは靴本体と一緒になっているためズレにくいです。かかとの垂直方向のプルタブが着脱が簡単。

通気性抜群なので冬は足が冷えるのかと思ったらそんなことはありませんでした。

当然メッシュなので防水スプレーをかけてください。まあ靴は買ったらまずは防水スプレーですもんね。

 

ミッドソール

CLIFTON 7

従来のランニングシューズと比べると非常にボリュームのあるミッドソールは、とても軽く、衝撃吸収性に優れているので、すべての人にとってランニングやウォーキングを楽なものにします。

スムーズな足運びを促すために、つま先とかかと部分を滑らかに削ぎ落とした独特のソール形状をしています。車輪のようなローリング運動を導くことで、自然な体重移動が可能です。

そしてゆりかごのように優しい。

他にも様々な技術が盛り込まれ、クッション性と軽さを残しつつ高い安定性をキープし速く快適な走り心地が実現できます。

 

ホカオネオネの代表的な3アイテム

ある時ふと立ち寄った店でホカオネオネの代表的な3種類を履いてみました。

①CLIFTON 7(クリフトン 7)

上記で述べた通りです。

価格は1万7000円前後

②BONDI 7(ボンダイ7)

ホカのロードシューズのラインナップの中で最もクッション性が高いBONDIシリーズ。例えるならマシュマロみたいな感覚でヤバイっす。おそらくこのタイプが1番人気があるかもしれません。

価格は2万超え

③KAHA LOW GTX(カハローGTX)

GORE-TEXファブリクスの防水機能を備えており、どんな天候でも足を快適にドライに保ちます。

アウトソールはイタリアのビブラム社のメガグリップというソールを採用していて高いグリップ力なので山登りの靴として活躍しそうです。

もちろん普段の日常にも使えます。

価格は3万超え

 

CLIFTON 7(クリフトン 7)を選んだ理由は?

単純に価格の差が大きな理由です。もちろん安くてもこの履き心地は最高です。

適度なボリュームがありながらもスッキリ履けます。

②BONDI 7はソールが厚くボリュームが出過ぎるので、僕には似合わないと判断しました。

そもそも僕はずっとコンバースのようにペタンコなスニーカーばかり履いてきましたので見慣れていないだけだと思います。

価格を気にしなければ③KAHA LOW GTXも購入したいです。

HOKA ONE ONE ボンダイ7
created by Rinker

 

クリフトン7のサイズ感

参考になるか分かりませんが、僕は普段コンバースばかりで、ちょっと大きめの28cmを履いています。

そしてクリフトン7は29cmを購入しました。

日本人の足の特徴かもしれませんが、僕は足の甲が高くて、いつものサイズだとキツくはないですが、アッパーの部分がボッテリとした印象になり、サイズをあげた方がスッキリ履けます。

意外とアッパー部分がフィットしているのでサイズが大きくてもブカブカ感はありません。

仕事メインで使用するならちょっと大きめのサイズの方が疲れないと聞きますのでお店ではいろんなサイズを履いてみてください。

 

まとめ

●軽くて前へ前へ自然と足が出て歩きやすい。

●仕事でもプライベートでもシーンを選ばないランニングシューズ。

●ホカオネオネの中でスッキリ履けて1番合わせやすくて扱いやすい。

クリフトン7とても大好きになりました。