人気のボールペンを合体。LAMYとパイロットのインクで書き心地最高

文房具




お気に入りのボールペンは1本ありますか?

もしない方は、ひょとして家にどうでもいいボールペンがいっぱいささっていませんか?

また鞄の中の至るところにボールペンが入ってませんか?

お気に入りのボールペンが1本あれば、無駄に購入する必要もないし、場所もとりません。また日常がウキウキしたり前向きになるかもしれません。これって生きている中で重要なことだと感じています。

でもなかなか気に入ったボールペンがない!っていう方もいますよね?

で僕の結論は

ボディは海外のデザインがかっこよく、インクは日本のメーカーが最高に書きやすいということ。

単純に掛け合わせれば理想のボールペンが手に入るだろうと思いました。

今回合体させたのはこの2種類。

 

組み合わせ①
【ボディ】 ドイツのLAMY(ラミー)サファリ各色
【インク】 日本のPILOTアクロインキ(BRFNー30)

 

組み合わせ②
【ボディ】 ドイツのLAMY(ラミー)多機能ペン2000 L401
【インク】 日本のuniジェットストリーム(SXR-200-07)

 

これで見た目も書き心地も最高になりました。

ではさらに詳しく説明していきます。

 

人気のボールペンを合体。LAMYとパイロットのインクで書き心地最高

【この記事はこんな方におすすめです】

●LAMY(ラミー)ボールペンの純正のインクがかすれて書きにくいと感じている方

●人は違うボールペンを探している方

●書きやすいボールペンを探している方

●ビジネスでもカジュアルなボールペンを探している方

 

⇩この記事の内容のYouTube版です。合わせてご覧ください。

 

ドイツの傑作ボールペン、LAMYサファリのインクがかすれて書きにくい。

組み合わせ①

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_9233-1024x768.jpg

ラミーサファリ純正とパイロットのアクロインキを書き比べました。

すみません。画像ではわかりにくいですね。

でも純正はかすれたり、インクが「だま?」になったりします。

パイロットアクロインキはとてもすべすべな書き心地でかすれることはありません。

またラミー純正よりもインクが黒々して文字が読みやすい。

 

でもラミーサファリのボディはかわいくて好き。

ラミーサファリは安っぽくなくポップで丁度良い。モンブランとかウォーターマンとか高級で大人の男っぽくてかっこいいけど、営業職やお堅い仕事をしている方でいいと思う。それに僕はそこまでダンディではないからこれくらいがいい。

ただ先ほどの検証のようにラミーの純正のインクは伸びが悪くてかすれ気味で本当に書きづらいのです。

そして何より価格が高い!!

定価は800円くらいです。Amazonでは多少安く購入できますが、それでも高い。

 

日本のインクは最高の書き心地

ドイツもものづくりの国と言われていますがやはり日本も素晴らしくて

インクは日本のジェットストリームアクロボールが書き心地が好きです。

僕はもともと小売業の管理職をしていたので会社には全種類のインクのカタログがあり簡単に調べることができました。

 

組み合わせ①の注意点

若干インクの長さが足りないので調整する必要があります。

格好は悪いですが、爪楊枝で純正との長さを調整します。

わずかに純正より長めにした方がいいかもしれません。

⇩もしくは使用していないボールペンのここを使います。

ただ、長さの調整が難しく失敗することを考えて、爪楊枝の方が何度もトライできるので爪楊枝の方がおすすめです。

 

組み合わせ②

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_9236-1024x771.jpg

ラミー4色多機能ペンの純正とuniジェットストリームと書き比べました。

最初のサファリよりも明確ですね。

純正はかなりかすれています。

色は本来は黒で検証しべきですが緑しかなくてすみません。

 

4色ボールペンはサファリとは違いシック

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_9236-1024x771.jpg

ヘアライン加工された美しいフォルムにうっとりです。

ラミー4色ボールペン2000
created by Rinker

 

組み合わせ②の注意点

このジェットストリームのSXR-200-07は先ほどのように長さを調整する必要はありません。

ただラミーの多機能ボールペンは黒、青、赤、緑の4色ですが

ジェットストリームは緑色のインクは発売されておりません。

緑色だけは純正で我慢が必要になりますのでご注意ください。

ジェットストリームSXR-200-07 替芯
created by Rinker

 

 

文字を書くことは減っているかもしれないが書くことで頭にインプット

今はスマホでメモとれますし実際僕もEvernoteのアプリを使いまくっていますが、スマホのメモはメモしたことすら忘れてしまうことがあります。なので紙に文字に書くことはオワコンになりつつあるかもしれませんが僕には必要不可欠です。

また文字を書くことは頭にインプットしやすいと思っています。結構これみなさんも自然にしていることだと思います。手帳に書き出しある程度まとめてから書類作成したりしてませんか?改善点を書き出しルールーブックを作成したり。

以前の記事のエンダースキーマーのノートに猫目暮らしのブログ何を書こうかなぁといろいろアイデアを書き出します。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

画像ではあまり書き心地の良さは伝わりにくいかもしれませんが理想のボールペンが手に入りました。

これでまた日常がワクワクなります。

でも今はiPadなどでペンやノートは必要ないのかもしれません。

ですが、何か考える時はペンと紙がいいんです。

ただ古い人間だけなのかもしれませんが。

タブレット派の方も一度この組み合わせを試してみてください。

 

それではまた、猫目暮らし/NECOME COFFEE(ネコメコーヒー)でした。

お時間がありましたらネコメコーヒーの詳細をご覧ください。

NECOME COFFEホームページ

楽天でのコーヒー通販

BASEでのコーヒー通販

⇩安心安全なカビ毒なしコーヒー、ネコメコーヒーは楽天にてご購入いただけます。